メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック 米最高裁判事人選巡り激論

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ ライフスタイル>

 米国の最高裁判所(さいこうさいばんしょ)のギンズバーグ判事(はんじ)が亡(な)くなりました。共和党(きょうわとう)のトランプ大統領は後任にバレット連邦控訴裁(れんぽうこうそさい)(高裁(こうさい))判事(48)を指名すると発表しましたが、民主党(みんしゅとう)は「11月の大統領選挙で選ばれた人が決めるべきだ」と反発しています。これはどういうことなのでしょうか。

 日本も米国も裁判所には、まず地方裁判所(ちほうさいばんしょ)があり、そこでの判決が不服なら、高等裁判所(こうとうさいばんしょ)に「もう一度判断して」と頼(たの)むことができます。これを「控訴」といいます。高等裁判所にあたるものは米国では控訴裁判所といいます。そこでの判決にも不服なら、最終的に最高裁判所に訴(うった)えることができます。ここでの判断が最終決定です。

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです