メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラック・チェンバー・ミュージック

/425 阿部和重 写真・相川博昭

 アメリカとの交渉決裂がなにを意味するのか。今なら頭を働かせるまでもなく、それを言葉にできると韓は思う。

 ハノイの残念な結末は、経済制裁解除の先おくりに加えてもうひとつ、北にとっては重大方針の再転換をはかる道が開かれたことを意味している。

 それはすなわち、「新年辞」で表明されたような非核化の努力姿勢を撤回し、核・ミサイル開発の促進をふたたび鮮明に打ちだすという軍事強硬路線への復帰だ。この経緯から、裏ぎり者の顔が浮きぼりになるだろうと金はほのめかしている。

 それを知る手がかりとして、金がこちらに投げてきた問いを整理してみれば、一月一日と二月二八日というふたつの日付が目にとまる。にせもの男の登場もその間の出来事だったはずであり、密入国事案もここで発生している。

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文934文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです