メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日歌壇

伊藤一彦・選

明日一日だれにも鬱の来ぬようにわが町を抱く真夜の月あり 垂水市 岩元秀人

 <評>コロナ鬱の語も生まれている今、作者は降りそそぐ美しい月の光に祈りを感じ取っている。「わが町を抱く」がいい。

携帯の料金下がれど忘るまじ真面目なまじめな公務員の死 春日市 伊藤亮

 <評>新政権になっても、赤木俊夫さんの死を忘れてはならないし忘れないと歌う。

外つ国の言葉飛び交う黒門の市場の蛸はモロッコ産まれ 東大阪市 池中健一

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです