特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 学生寮閉鎖、青春どこへ 寮長、自腹で「最後の晩さん」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
料理を作った後に学生と話し込む寮長の川上ひろしさん(右)=東京都調布市の開成調布学生会館で9月25日
料理を作った後に学生と話し込む寮長の川上ひろしさん(右)=東京都調布市の開成調布学生会館で9月25日

 東京都内で8カ所の学生寮を運営していた「開成」(東京都武蔵野市)が先月、新型コロナウイルス感染拡大の影響で倒産した。寮には約300人の学生が入居しているが、10月末までの退去を求められている。すでに大半の寮で朝夜2食の提供もなくなった。「コロナにどこまで翻弄(ほんろう)されるのか」。学生らは困惑を隠さない。

 先月25日夕。東京都調布市にある「開成調布学生会館」の食堂のテーブルには、寮長の川上ひろしさん(71)が作った唐揚げや焼きそばなどの料理が並んだ。

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1203文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集