メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

筒美京平さん 80歳=作曲家

筒美京平さん

 「また逢う日まで」「17才」「サザエさん」など、世代を超えて親しまれる名曲の数々を生み、昭和の歌謡曲黄金期を支えた作曲家の筒美京平(つつみ・きょうへい、本名・渡辺栄吉=わたなべ・えいきち)さんが7日午後3時ごろ、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の自宅で死去した。80歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻善子(よしこ)さん。

 東京都出身。グループサウンズやアイドルなどに提供した作品は3000曲ともいわれる。洋楽がベースの洗練されたメロディーは1970、80年代のヒットチャートを席巻して時代を彩った。生み出したシングル曲の総売上枚数は作曲家別で歴代1位の約7560万枚に上る(オリコン調べ)。一方で表舞台に出ることを好まず、職業作曲家の立場を貫いた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです