特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

#排除する政治~学術会議問題を考える

もの言わぬ学者は「政府のイヌ」とみなされる 早大・長谷部恭男教授

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長谷部恭男・早大教授=東京都新宿区で2015年7月14日、森田剛史撮影
長谷部恭男・早大教授=東京都新宿区で2015年7月14日、森田剛史撮影

 「日本学術会議」が推薦した会員を菅義偉首相が任命しなかったことで、学問と政治の関係は今後どうなるのだろう。自民党推薦の参考人でありながら、2015年の国会で集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案を「違憲だ」と指摘した早稲田大大学院法務研究科の長谷部恭男教授(憲法学)に聞いてみた。【聞き手・佐野格/政治部】

「ボランティア以外の何物でもない」

 ――15年6月4日の衆院憲法審査会で、自民党推薦の参考人でありながら、法案に「ノー」を突きつけて反響を呼びました。ためらいはなかったのですか。

 ◆その前から、集団的自衛権の行使は違憲である、と言い続けてきた。あの場でも同じ主張を繰り返しただけです。私はいつも聞かれたことに、率直に答えているだけです。

この記事は有料記事です。

残り2302文字(全文2627文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集