押印廃止の次は納税キャッシュレス化検討 河野担当相、国や自治体に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河野太郎行政改革担当相=長谷川直亮撮影
河野太郎行政改革担当相=長谷川直亮撮影

 河野太郎行政改革担当相は13日の記者会見で、国や地方自治体への納税でキャッシュレス化やオンライン化を進める考えを示した。押印廃止に続いて、自治体向けのキャッシュレス化マニュアルの作成も検討する。

 河野氏はキャッシュレス化について「国の税金その他も物理的に(役所に)行かないと払えないもの、収入印紙の…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文283文字)

あわせて読みたい

注目の特集