メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、習主席を権威強化する新たな規則を公表 米国との覇権争い長期化備え

広東省潮州で電子部品などの製造を手掛ける企業を視察する習氏(中央)=12日、新華社

 中国の習近平指導部が、米国との貿易戦争や、ハイテク分野での覇権争いの長期化に備え、国内の引き締めを図っている。共産党は12日、習近平国家主席(党総書記)の権威を強化する新たな規則を公表。習氏は同日、視察先の広東省で、外国に頼らない技術革新を目指す「高度な自力更生」の号令をかけた。

 新規則は、党大会と並ぶ最高指導機関とされる中央委員会の職務や運営方法を定めた。習氏の政治思想によって「全党を武装し、人民を教育する」と明記。党が新規則の公表に合わせて出した党内への通知でも「習氏の全党の核心としての地位を擁護する」よう求めた。

 習氏は2016年、別格…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです