愛知県、ノーベル賞「受賞者記念室」来春開設へ 野依良治氏や吉野彰氏など8人の業績紹介

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ノーベル賞受賞者記念室のイメージ(愛知県提供)
ノーベル賞受賞者記念室のイメージ(愛知県提供)

 愛知県は12日、県内の大学や研究機関に在籍経験のあるノーベル賞受賞者の業績を紹介する施設を、名古屋市と共同で市科学館(同市中区)に整備すると発表した。「あいち・なごやノーベル賞受賞者記念室」として2021年3月23日にオープンする。【太田敦子】

 紹介するのは01年化学賞の野依良治氏から19年化学賞の吉野彰氏まで8人。小中高校生を主な対象に、研究の内容を壁一面の映像でわかりやすく伝えるほか、研究者の人となりをストーリー仕立てで紹介する。同館地下2階サイエンスホール内の約300平方メートルに設置し…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集