介護保険滞納で差し押さえ、最多の1万9221人 18年度

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 介護保険料を滞納し、2018年度に市区町村から資産の差し押さえ処分を受けた65歳以上の高齢者は全国で1万9221人に上り、過去最多を更新したことが厚生労働省のまとめで分かった。17年度より3223人増えた。高齢者が増えていることや保険料の上昇が影響したとみられる。

 介護保険制度が始まった00年度の65歳以上の保険料は全国平均で月…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

あわせて読みたい

注目の特集