ブラックホール、ゲノム編集…一体どんな研究なの? ノーベル自然科学3賞

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 2020年のノーベル賞の自然科学3賞が決まった。医学生理学賞はC型肝炎ウイルスの発見、物理学賞はブラックホールの存在を証明した研究、化学賞はゲノム編集技術の開発。今年はノーベル賞としては、一般にも比較的なじみのあるテーマが授賞対象となった。それぞれどんな研究だったのだろうか。

医学生理学賞

 C型肝炎ウイルスの発見に至る研究をした米国のハービー・アルター氏、カナダ・アルバータ大のマイケル・ホートン氏、米国のチャールズ・ライス氏に決まった。

 C型肝炎は血液などが感染経路となり、慢性化すると肝硬変や肝臓がんに進行する。不衛生な水などを介して感染し劇症肝炎になるA型と、血液や体液で感染し慢性肝炎を発症するB型は、それぞれ1940年代までに知られていた。一方70年代以降、輸血を受けてA型でもB型でもない慢性肝炎になるケースも多くみられた。

この記事は有料記事です。

残り1487文字(全文1856文字)

あわせて読みたい

ニュース特集