メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士サファリパークでキリンの赤ちゃん 生まれて1時間で母キリンのおっぱい飲む

[PR]

誕生したキリンの赤ちゃんと母キリン=富士サファリパーク提供

 静岡県裾野市須山の富士サファリパークでキリンの赤ちゃん1頭が3日に生まれた。サファリパークでのキリンの誕生は2018年4月以来、2年半ぶり。園のキリンの飼育数は計7頭になった。

 赤ちゃんはアミメキリンの雄で、生まれたばかりでも体高が約170センチ、体重が約65キロと人間の大人並みだ。園は事前に地面にわらや木製チップを敷き詰めるなどして出産をサポート。赤ちゃんは生まれて約1時間で立ち上がり、母キリンのおっぱいを飲み始めた。

 現在は屋内の飼育舎で母キリンと一緒に過ごしている。今後、ほかのキリンや一緒に過ごすシマウマなどに徐々に慣れさせた後、草食ゾーンでの公開を目指す。公開時期は未定という。【石川宏】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 首相「50年までに温室効果ガス排出実質ゼロ」表明へ 国際圧力高まり対策強化

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです