特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

なぜ小児科から患者が消えたのか?…「この状態が続けば破綻」病院理事長の悲鳴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
5月の小児科診療所の外来患者減少率
5月の小児科診療所の外来患者減少率

 新型コロナウイルス感染症の流行下で、小児科の医療機関が経営に苦しんでいる。感染が拡大して政府の緊急事態宣言が発令されていた5月は、他の診療科より患者が大きく減るなどして収入が半減。閉院するところも出始めている。なぜ小児科の医療機関から患者は消えたのだろうか。

 「赤字が積み上がっている。この状態が続けば破綻してしまう」。中野こども病院(大阪市旭区)の木野稔理事長は、苦しい懐事情をこう明かす。

 同病院は1966年、日本で初めての民間の小児専門病院として開業。79床のベッドで子どもの入院や、救急の外来患者も24時間365日、休まず受け入れている。年間延べ6万人が受診していて、地元では欠かせない存在だ。木野氏は「小児科の仕事は病気やけがの治療だけで終わらない。睡眠や食事、保護者の育児相談など、子どもが健全に育つよう生活を支える重要な役割がある」と説く。

5月の外来患者は前年同月の6割減 時間外は4分の1

 だが、新型コロナの感染拡大で受診控えが相次ぎ、状況は一変した。政府による緊急事態宣言が出ていた5月の外来患者は約2330人と、前年の同じ月と比べて6割も減った。うち時間外の患者は4分の1の約690人に減少。入院患者も約1250人にまで半減した。

 患者の減少は、収益の悪化につながっている。特に診療報酬が増額される時間外患者が減った…

この記事は有料記事です。

残り1651文字(全文2220文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集