メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

人形町駅スグ!猪ってこんなに旨いの?と驚くこと間違いなし!食べたら力がみなぎる♪

情報提供:おとなの週末

「この猪肉との出会いは衝撃的でした」と語るのが店長の林さん。それがきっかけとなり、5年前にやきとんの店からジビエの店へとシフトチェンジした。

あまからくまから(最寄駅:人形町駅)

猪の旨さに開眼!噛みしめるごとにあふれる上品な甘み

件の猪肉は、その身に分厚い脂をたたえる、厳冬期にのみ狩猟された広島産。2種類の味噌や山椒をブレンドしたカツオと昆布のダシでくつくつ煮込めば、野性的なイメージを覆す、たおやかな甘みとコクがほとばしる。鍋ものは他に、秋~冬限定で入荷する穴熊を使ったすき焼きや、ヒグマ鍋も。山から届く自然の恵みに、食べたそばから力がみなぎってくる。

ぼたん鍋(写真は2人前)

3218円 9960bbee6b74a189dd67f5d9f0cd7b1f サッと火を通せば、身の甘みが際立ち、じっくり煮込めば味噌の風味が繊維の奥まで行き渡る。どちらの食べ方もおすすめだ

猪肉のトマトソース

1296円 e03de39ce86ccb54e6e4d4dd9590ef82 ラーメンでおなじみの製麺会社「浅草開化楼」から届く低加水のパスタを使用。力強い小麦の風味とモチモチ感に、存在感抜群の猪肉のラグーが、見事にマッチ!

〆の雑炊セット(写真は2人前)

432円 3d8a1b193308b8198a6fa4d4c1eeab55 根菜を中心とした、たっぷりの野菜の甘みや、猪肉から溶け出したコクを、米粒があますところなく吸い込み、もう絶品! まろやかな味噌と山椒の爽やかな香りが食欲をガンガン刺激し、満腹でも完食必至

お店からの一言

3f75a3949ca267b3515cbcbf34af3851 店長 林 育夫さん 「国産クラフトビールも揃えてます」

あまからくまからの店舗情報

50afb5c973409b58ec4f35a17d56f53a [住所]東京都中央区日本橋人形町3-7-11 大川ビル2階 [TEL]03-5640-2121 [営業時間]17時半~23時半(フード22時半、ドリンク23時LO) [休日]日・祝 [席]全18席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、コース以外はお通し代421円別 [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか人形町駅A5出口から徒歩1分

電話番号 03-5640-2121
撮影/西﨑進也 取材/菜々山いく子 2018年12月号発売時点の情報です。

関連記事

[閉店]つくね専門店 十夢想屋(つくね/下北沢)

魚力(和食/渋谷 神山町)

三漁洞(和食/渋谷)|桜丘町の地下でひっそり歴史を刻む名店

中納言|創業から65年を迎えた活伊勢海老料理の名店(伊勢海老料理/大森)

山田屋|懐かしさいっぱいの空間で味わい深い麺と丼を堪能(食堂/東大手)


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです