メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おとなの週末

吉祥寺のタピオカバブル Season2、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(164)

情報提供:おとなの週末

吉祥寺のタピオカティーブームは、まだまだ衰えていない、というのがおっさん女子の見解です。なぜならタピオカ屋が閉店しても、さらに同じ場所にまたタピオカ屋が入る、という状態だからです。私が確認した吉祥寺の某場所では、すでに3軒目のタピオカ屋ですよ……。 なので今回は、異色のサイドメニューを擁するタピオカ屋を2軒、ご紹介したいと思います。

mato_kichi_banner_2_1601184650

吉祥寺のタピオカバブル Season2、の件


吉祥寺のタピオカティーブームは、まだまだ衰えていない、というのがおっさん女子の見解です。

なぜならタピオカ屋が閉店しても、さらに同じ場所にまたタピオカ屋が入る、という状態だからです。

私が確認した吉祥寺の某場所では、すでに3軒目のタピオカ屋ですよ……。

3~4ヵ月サイクルですな……。

あとですね、タピオカティーから逸脱してスムージーとか、フレッシュフルーツジュースとか、もはやタピオカ屋っていうより、ドリンク屋みたいになっている傾向にありますね。

そこでおっさん女子調べですが、タピオカからの逸脱ではなく、台湾への回帰という店が増えてきている印象があります。

台湾といえば、ご飯が美味しい、デザートも最高! という女子に人気の国ですが、最近、吉祥寺のタピオカ屋はデザートの充実に手を染めているのです。

はい、パイナップルケーキや、豆花などを販売する店が増えてきました。

しかーし、私は脂っぽいおっさん女子です。

異色のサイドメニューを擁するタピオカ屋を2軒、ご紹介したいと思います。

c4ec288abc805884d69bff6cd1002326 イラスト/小豆だるま


1軒目のタピ推し店は、吉祥寺丸井裏の『台湾茶café K』


まず1軒目。

丸井裏の『台湾茶café K』です。

ここは店構えやメニューなど、雨後の筍のようなタピオカ屋とは一線を画している雰囲気です。

コロナ禍のなか、メニューにテコ入れをして5月にリニューアルをしたのですが、なんと新サイドメニューが登場。

その名も『胡椒餅』です! 

これがうまい! 

ヤバイ! 

ハマる味! なんですよ。ルックス的には、肉まんくらいの大きさですが、表面がパリッ&カリッと焼いてあり、中身は具がギッシリ、そしてスパイシーなんです。

胡椒の味がしますが、ラーメン屋にあるようなテーブルコショウの味ではありません(苦笑)。

もっと華やかで奥深い香辛料の味です。

豚肉がゴロゴロ入っていて、1個でかなりの満足度です。

ちなみに1個450円(税別)。

私はすっかりファンになってしまい、タピオカティーではなく、無糖の台湾茶といっしょにテイクアウトしております(苦笑)。

ここのお茶は美味しいので、こちらもおすすめだ!

ちなみに『胡椒餅』は、冷めても美味しいです。

タピオカティーは飲んでいないので、わかりません(苦笑)。


2軒目のタピ推し店が、吉祥寺パルコのトイメンのビル2Fにあるタピオカ屋『B』


そして2軒目。

吉祥寺パルコのトイメンのビル2Fにあるタピオカ屋『B』。

実はこの場所は、別のタピオカ屋が入っていたので、2店目です(苦笑)。

前のタピオカ屋はオープン当日が豪雨でしたが、それでも大行列&2時間待ちという、狂ったような状況を生み出していました(遠い目)。

しかし、現状『B』は平和です。

平和すぎて心配ですが、ここのサイドメニューもヤバい。

なんとチキンなんですよ。

台湾元祖ジーパイと銘打った、辛いフライドチキンがあるのです。

さらにチキンのハンバーガー、ポテトなどもあって、鶏唐揚げ好きのおっさん女子的には見逃せないラインナップ。

やっぱりスパイシーで、香りが華やかでカラッと揚がっていて美味しいです。

台湾美味しいぞ! 

台湾行きたいぞ! と思うおっさん女子であった。

ドリンクは、100%フレッシュジュース推しですが(苦笑)、ここのは果肉がどっさり入っていて、非常にフルーティ。

ドラゴンパッションフルーツティーなど珍しいものもあります。

タピオカティーは飲んでないので知りません(笑)。


いかがでしょうか? 吉祥寺のタピオカ屋 Season2。 


なんだかカオスになってきました……(笑)。


frame_amano_164_1601185141






天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

関連記事

おっさん女子の吉祥寺パトロール(1) 吉祥寺が、どうかと思うほどコーヒー過多な件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(2) 吉祥寺の高級スーパー激戦区扱いが間違っている件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(3) 吉祥寺の南インドカレーがなかなか食べられない件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(4) 吉祥寺のテイクアウトは『餅は餅屋』を推奨の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(5) 吉祥寺のビアガーデンがおっさんに優しくない件


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです