メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナジックニュース

SDGsの学び生かす 南山大の学生2人 食品会社の取り組み目標策定

[PR]

 国連が提唱する「SDGs」(持続可能な開発目標)に取り組むため、食品会社「アルファフードスタッフ」(名古屋市西区)が「サステナビリティ宣言」を策定した。策定には「学生情報センター(ナジック)」(京都市)が仲介し、南山大(名古屋市昭和区)でSDGsを学ぶ現役の大学生2人が参加した。企業と学生がタッグを組み、持続可能な社会づくりを目指している。【川瀬慎一朗】

 SDGsは2015年に国連が採択。地球が持続していくための行動目標として「飢餓をゼロに」「貧困をなくそう」「ジェンダー平等を実現しよう」「質の高い教育をみんなに」など17の目標を掲げ、世界規模での取り組みを呼びかけた。オーガニック食材の輸入、卸を手がけるアルファフードスタッフはSDGsへの理念に賛同。社としての取り組みを明確にするため、サステナビリティ宣言の策定を計画した。

 企業論理によらない中立的視点を持たせるため、宣言の策定を学生に任せることを決め、学生支援に取り組むナジックの仲介で南山大から2人のインターンシップを受け入れた。2人はいずれも同大国際教養学部4年、水谷有沙さん(21)=昭和区=と小島弘久さん(22)=愛知県一宮市=で、SDGsを専門に学んできた。

 2人は同社が具体的に取り組むべき五つの課題、九つの取り組みを策定。SDGsが掲げる「つくる責任 つかう責任」達成のため、フードロスの削減を課題とし、食品の量り売り店の拡大▽規格外農産物を生かした商品開発の促進――などを挙げた。また「飢餓をゼロに」などの目標達成のため、栄養素に配慮した新規商品を22年までに開発することを掲げた。

 宣言策定にあたり2人は社長以下、同社の幹部8人をヒアリングし、経営会議でプレゼン。学生の発想が同社の方針として正式に認められた。2人は「学んだことを実地で生かす貴重な機会だった」と振り返った。また同社の浅井紀洋常務は「社の発展につながる非常に意義深い取り組み。目標達成に向けてスパイラルアップしていきたい」と意気込んだ。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです