メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

最新作刊行 豪の絵本作家ショーン・タンさん 「片隅の存在」温かに描く

ショーン・タン氏=ⒸInari Kiuru

 20を超える国・地域で出版され、閉塞(へいそく)感ただよう今の世の大人をひきつけているのが、オーストラリアの作家、ショーン・タンさん(46)の絵本だ。現代社会が直面するさまざまな現実を、やさしく、悲しく、そして温かく描く。原画などを集めた展覧会が国内を巡回中で、最新作「内なる町から来た話」(岸本佐知子訳、河出書房新社)が刊行されたばかりのタン氏に、リモートインタビューした。

 代表作の「アライバル」(2006年)は、一つの文章も言葉もなく、絵だけで構成された物語。こんなストーリーだ。

この記事は有料記事です。

残り2680文字(全文2924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです