メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/125 澤田瞳子 画 村田涼平

 思いがけず知った大逆と知尊(ちそん)の豹変(ひょうへん)ぶりに、膝が小さく震えるが、ここで怯(ひる)みを見せるわけにはいかない。鎌首をもたげる蝮(まむし)の頭をひと息に砕く思いで、額田は鋭く問うた。

「――何が望みですか」

「まずは、栄達が。そして私が役立つ男であることを、都の方々に知っていただきたく存じます。念のため申し上げますと、私が四比(しひ)福夫(ふくぶ)さまと知遇を得たのは、昨年末の飛鳥での宴(うたげ)の席。私の方から、福夫さまに声をおかけしました。余(よ)将軍と不仲らしいと小耳に挟み、いずれはこんな日が来るのではと思いましてね」

 唐使が難波津に着いた日、定恵(じょうえ)をまっすぐに見つめていた知尊の堅い横顔が、額田の脳裏をよぎった。

この記事は有料記事です。

残り700文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです