メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

任命拒否問題の核心=与良正男

 今週も日本学術会議の新会員候補のうち6人を菅義偉首相が任命しなかった問題について書く。首相や自民党は、これを「聖域なき行政改革」といった話にすり替えて乗り切ろうとしているからだ。

 問題の核心は「なぜ6人を拒否したのか」にある。ところが首相は具体的に理由を語らない。

 そして任命されなかった6人を含む会議側が推薦した105人の名簿を「見ていない」と首相が言い出したり、加藤勝信官房長官が「105人の名簿は参考資料として添付した」と釈明したり。任命拒否の判断には事務方トップの杉田和博官房副長官が関与したというが、依然、「なぜ拒否?」の説明はない。

 おさらいしておく。安倍晋三前内閣以来、政権側は軍事転用可能な科学技術開発に消極的な学術会議に不満を持ってきた。そして6人は安全保障法制や、戦前の治安維持法につながりかねない「共謀罪」の創設に異論を唱えてきた。

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです