メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラマ「妖怪シェアハウス」の公式サイト

 <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている>

 結婚はもはやドラマのヒロインのゴールではない。ヒロインがさまざまな苦難を乗り越え、恋のお相手からプロポーズされてめでたしめでたしとなる結末は、時代遅れと言えるだろう。

 9月19日に最終回を迎えた土曜ナイトドラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系深夜)は、まさに「結婚がゴールではない」ドラマだった(以下、ネタバレあり)。

 小芝風花演じるヒロイン目黒澪(みお)は、人の目を気にして空気を読みながら地味に生きてきたが、クズ男につかまって家も仕事もお金もすべてを失ってしまった。そんな澪がたどり着いたのが、妖怪たちが暮らすシェアハウスだ。四谷怪談のお岩さん(松本まりか)、酒呑童子(しゅてんどうじ)(毎熊克哉)、座敷童子(わらし)(池谷のぶえ)、ぬらりひょん(大倉孝二)らに助けられながら、澪は少しずつ変わっていく。

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文937文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中古車販売好調 地方移住も追い風 「密」避けた交通手段 長野

  2. ジスカールデスタン元仏大統領死去 94歳 新型コロナで サミット発足に注力

  3. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  4. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです