メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

伊原六花 ドラマ「どんぶり委員長」委員長役 欲望への真っすぐさ大切に

伊原六花 俳優=東京都港区で2020年9月7日、小川昌宏撮影

ドラマ「どんぶり委員長」委員長役(BSテレ東=土曜深夜0時、24日スタート)

 「すごくおいしそうな丼がたくさん出てくる。深夜の“飯テロ”として、みなさんのおなかをすかせられたら」

 お嬢様の学級委員長(伊原六花)は、クラスメートの不良、吉田(小西詠斗)が作った親子丼を食べたのを機に、丼の魅力に目覚める。そんなグルメドラマで主演を務める。

 伊原自身が好きな丼はローストビーフ丼か、親子丼。「ただただ肉が好きなので、肉を感じられるローストビーフ丼は大好き。親子丼は王道で、家でもよく作る」。グルメドラマだけあって、丼を“かっ込む”シーンも見どころ。「他のグルメドラマを見て、表現を勉強している。かみ締めて食べるなど、表現のレパートリーを増やしたい」

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文950文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

  2. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  3. よみがえった清水寺「寛永の姿」に 4年かけ本堂や舞台など大修理 京都

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 福岡市中心部の天神にサル出没 警察官や見物客らで一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです