メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二人六脚

保護犬イブと暮らして/1(その1) 出会い 虐待逃れて我が家に 新たな「犬生」ともに歩む /栃木

保護されて女性トリマー宅に連れてこられた時のイブ(当時はゴン太)。体は汚れ、どこか不安そうだったという=福島県西郷村で2017年、女性トリマー提供

 吹く風がまだ肌寒い3月下旬の大田原市。異動に伴う引っ越しを済ませた部屋に入るや否や、イブが嘔吐(おうと)する姿が目に入った。車で来た際に乗り物酔いをしたのだろう。「あー、新築なのに……。入居早々汚すかあ」。ため息をつきながら汚物を掃除する私を、イブは申し訳なさそうに見つめていた。

 イブは保護犬である。出会いは前任地の福島県会津若松市にいた3年前にさかのぼる。

この記事は有料記事です。

残り2377文字(全文2558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです