メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英語授業に手話教材 群馬大開発、「アメリカ手話」に翻訳 ろう者の学習充実へ /群馬

手話を交えて打ち合わせをする(左から)山本綾乃研究員、金澤貴之教授、二神麗子助教、上原景子教授=前橋市荒牧町の群馬大で2020年8月5日、鈴木敦子撮影

 全国的にも珍しい「手話ができる教員」の養成に取り組んでいる群馬大共同教育学部で、英語教育と手話の専門家が連携し、小中高校の英語の授業で使える手話教材を開発した。あいさつや簡単な指示など、授業中に多用される表現の英文を「アメリカ手話」(ASL)に“翻訳”したもので、ろう者の英語学習の充実を図る。【鈴木敦子】

 「ハロー、ハワユー」「ファイン、サンキュー」。小中高校の英語の授業でおなじみのやりとり。英語教育が専門の上原景子教授が「教室英語」と呼ばれるこうした定番表現を中心に台本を作成し、ろう教育が専門の山本綾乃研究員がASLでの表現を考案した。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです