メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史的名店の味、復活 「浅草来々軒」きょうオープン 関係者らの証言、協力受け ラーメン博物館 /神奈川

報道陣に公開された新横浜ラーメン博物館内の「浅草来々軒」=横浜市港北区で2020年10月9日午前11時0分、小出禎樹撮影

 東京ラーメンの元祖とされる「浅草来々軒」が14日、新横浜ラーメン博物館(横浜市港北区)でオープンする。東京ラーメンの特徴であるさっぱりとしたしょうゆ味のスープを、資料や関係者の証言から再現。ラーメンブームの先駆けとなった名店の味が44年ぶりに復活する。【小出禎樹】

 来々軒は1910(明治43)年に開業し、戦前にラーメンの大ブームをつくったとされる老舗。76(昭和51)年に閉店したが、同博物館は歴史的な名店を復活させようと、調査プロジェクトを立ち上げた。3代目の尾崎一郎氏のインタビューに基づき、創業者の子孫ら関係者の協力を得たうえで、有名店「支那そばや」の監修で往年の味をよみがえらせた。

 スープはしょうゆベースで、名古屋種の鶏に煮干しや豚ガラ、野菜類を加えた。麺は群馬県産の小麦を使っていたことが当時の新聞記事などから判明したが、既に生産を終えた品種だったため、それに近い群馬県産の小麦をブレンドしたものを使用。チャーシューは国産豚、メンマは台湾産で当時の製法を用いた。

この記事は有料記事です。

残り460文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです