メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

敷島製パンの100年

/中 あきない「超熟」ヒット /岐阜

「超熟」のPRのため東京の営業社員が考案し、話題を呼んだ「ピラミッド陳列」=敷島製パン提供

 順調に成長を続けた敷島製パン(名古屋市東区)だったが、1996年春ごろから徐々に月間の売上高が前年を割り込み始めた。

 盛田淳夫社長の父で当時社長だった慶吉氏は「兵庫県宝塚市のベーカリーの食パンがおいしい」との情報を耳にした。小麦粉の一部を熱湯でこねる「湯種(ゆだね)製法」で作っていた。炊きたてのご飯のようにモチモチした食感になるが、品質を安定させるのが難しく、量産は不向きとされていた。

 業界で「万年2位」の座に甘んじていてはいけないという危機感もあった。長野オリンピックが開催された98年、慶吉氏と当時副社長だった淳夫氏は「年内に関西で湯種製法の食パンを発売するように」と号令した。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 佐世保に仮面ライダー現る 1号と2号? 果たしてその正体は…

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです