メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜支局長からの手紙

裸足のキック /岐阜

 日本一有名な高校ラグビーの指導者といえば、京都市立伏見工高(現・京都工学院高)の元監督、山口良治さん(77)でしょう。

 現役時代は日本代表のフランカー、名キッカーとして活躍。生徒たちが荒れ放題だった伏見工高に教員として着任し、1975年に無名のラグビー部の監督に就きました。選手を時には殴り、成長を喜んでは号泣する「泣き虫先生」。生徒に生活態度をあらためさせ、チームを強化しました。後に日本代表監督となる平尾誠二さん(故人)を擁し、第60回全国大会(80年度)で初優勝をとげました。

 84年に放送が始まったテレビドラマ「スクール・ウォーズ」は、伏見工高と山口さんをモデルとしました。熱中した中高生も多いと思います。

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです