メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柿渋、どうやって抜くの? 紀見小で児童が体験 橋本 /和歌山

柿の渋抜きを体験する小学3年生=和歌山県橋本市の橋本市立紀見小学校で、藤原弘撮影

 柿について学ぶ体験学習が13日、橋本市立紀見小であった。3年生約50人が種なし柿の刀根早生(わせ)の渋抜きに挑戦した。

 橋本市や県、JAなどでつくる伊都地方農業振興協議会が毎年秋、地域の小学校を中心に開催している。

 この日は橋本市の職員が同校を訪れ、クイズを交えながら柿の種類や栽培法などを説明した…

この記事は有料記事です。

残り116文字(全文266文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

  5. 注目裁判・話題の会見 一人娘残した女性は「さみしそうだった」 座間9人殺害 10月26、27日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです