メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

F35B岩国追加配備 「容認撤回を」 市民団体、市に申し入れ /山口

 米軍岩国基地(岩国市)に追加配備予定のステルス戦闘機F35Bの同型機が米カリフォルニア州で墜落した事故を受けて、住民団体「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク」の桑原清共同代表らが12日、岩国市に追加配備の容認を撤回するよう申し入れた。

 桑原共同代表らが市役所で山中法光・基地政策担当部長に申し入れ書を手渡した。

 住民側は、墜落機が事故直前の9月上旬まで岩国基地で運用されていた可能性を指摘した。さらに今回の事故がKC130空中空輸機との給油訓練中に起きたことを問題視。2018年に岩国基地所属のKC130とFA18戦闘攻撃機が高知沖で同様の訓練中に接触、墜落する事故を起こしており、訓練の運用に問題があった可能性があると強調した。

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文411文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです