メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/165 コロナ禍の学校/上 ネット依存の相談が急増 /四国

 今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの行事が中止となったり、規模を縮小したりするなど、さまざまな影響を受けています。また、休校要請が続いたことで、子どもの生活も激変しました。再開後は、感染予防に留意しながら、授業の遅れを取り戻すことに尽力しましたが、現在は通常通りの学校の姿に戻りつつあるようです。一方で保護者から相談が急増している問題があるのです。

 ある教員は、保護者からネット依存の相談が増えたと訴えます。休校中にゲームざんまいになって、今なお1日5時間以上オンラインゲームに没頭するそうです。保護者と子どもでルールを決めてもなかなか守れず、ゲーム機を取り上げようとするものなら激しく抵抗され、時に暴力に及ぶとのことです。特殊な例かと思いきや、複数の保護者から出てくるとなれば、対応しないといけない深刻な問題に発展しているのです。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文840文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです