新型コロナ 「こども宅食」需要増加 収入減や食費増、声を上げて 経済的困窮の子育て世帯応援 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山口知事(左)に感謝を述べる駒崎代表理事
山口知事(左)に感謝を述べる駒崎代表理事

 新型コロナウイルスの感染拡大により、経済的に困窮する子育て家庭に食品を届ける「こども宅食」の需要が増加している。普及に取り組む一般社団法人「こども宅食応援団」(佐賀市、駒崎弘樹代表理事)は「新型コロナで困っている家庭が増えている。少しでも困っている方は声を上げてほしい」と呼び掛けている。【池田美欧】

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文845文字)

あわせて読みたい

ニュース特集