特集

第100回高校ラグビー 大分東明(大分)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する大分東明(大分)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

県予選 18日開幕 花園かけ、9チーム激突 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県予選が18日、由布市の湯布院スポーツセンターで開幕する。二つの合同チームを含む13校9チームが花園を目指し熱戦を繰り広げる。

 去年初優勝した大分東明は連覇を狙う。チームワークが持ち味で、スクラムハーフの宮川博登主将(3年)のボールさばきに期待がかかる。

 前々回大会まで33年連続優勝していた大分舞鶴は雪辱に燃える。フッカーの堀之内太陽選手(同)は攻守に体を張り、チームはフィールドを動き回る機動力で勝負する。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文525文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集