メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「なめて形を整える」とはどんな場面か…

[PR]

 「なめて形を整える」とはどんな場面か想像がつきにくいが、そんな意味の「lick into shape」という英語の言い回しがある。これは母グマが自分の赤ちゃんをなめて格好良くするという話に由来する▲アラビアの哲学者アビケンナの書物にある話だそうだが、むろん作りごとだ。だがこの言い回しは、子どもをうまく育てる、鍛えて一人前にする、だめなものに何とか格好をつける……といった意味に便利に用いられるようになった▲では、人への警戒心が強いとされていたクマを、人に慣れて恐れないクマに変えたのは誰がどうなめたからだろう。人里近くで活動し、人をよく観察して学習能力も高い「新世代グマ」のことである。クマ出没増の背景の一つという▲クマの被害が相次ぎ警戒警報が出ていた新潟県で、クマに襲われた70代の女性が死亡したのを受け、初めて最高ランクの「クマ出没特別警報」が出された。同県での死者は19年ぶり、出没情報は昨年の2割増でけが人も8人にのぼる▲クマの出没増や被害は東北、中部、北陸地方などからも伝えられている。山中でのクマのエサとなるドングリなどの不作が原因とみられるが、専門家はかつての常識では考えられない動きをみせる新世代グマの増加も要因と指摘する▲里山の人が減り、人里で放置された柿や栗をエサとするクマが行動範囲を広げるのは成り行きだろう。なめるつもりはなくとも、自然の摂理に目をむけるいとまのない人間の作り出すクマの新世代である。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです