メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「なぜ拒否」は手つかず=古賀攻

 <sui-setsu>

 「最近、自民党内の一部に日本学術会議が偏向しているとの批判が高まり、同会議のあり方を再検討しようという動きが出てきた」

 今の話ではない。1971年3月26日の本紙記事だ。十年一日どころか万古不易のレベルに達しそうな対学術会議不信である。記事には「会員に左翼学者の割合が増えている」との議員談がある。

 革新自治体の誕生が相次いでいた当時、有力会員が大阪府知事選の社共統一候補になったことや、東京都知事選に肩入れしたことが、政権党をいたく刺激した。

この記事は有料記事です。

残り793文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです