メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ「サプライズ」あり? イスラエル国交、米から「和平圧力」 国王はパレスチナ支持、王室内に温度差

 11月3日の米大統領選まで残り3週間となる中、中東の地域大国サウジアラビアの動向に注目が集まっている。トランプ米大統領は9月、これまで敵対していたイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)などアラブ諸国の国交正常化を仲介したことを外交実績としてアピールしているが、仮にサウジも追随した場合の衝撃は大きい。「サプライズ」の有無は大統領選の行方にも一定の影響を与えそうだ。

 イスラム教の2大聖地を国内に擁し、スンニ派の盟主を自任するサウジは、これまでイスラエルと敵対するパレスチナを外交・財政の両面で支援してきた。パレスチナは1948年のイスラエル建国で奪われた土地の回復などを求めており、サウジをはじめとするアラブ諸国はこれを支持してきた経緯がある。サウジのサルマン国王(84)は、「占領地からのイスラエルの撤退」などを求める姿勢を堅持しており、9月の国連総会でのビデオ…

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです