特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米国の選択

2020年大統領選 トランプ氏、必死の攻勢 感染後初集会、「免疫できた」強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大規模集会を再開したトランプ米大統領(中央)。支持者は密集し、社会的距離をとっていない=米フロリダ州サンフォードで12日、AP
大規模集会を再開したトランプ米大統領(中央)。支持者は密集し、社会的距離をとっていない=米フロリダ州サンフォードで12日、AP

 11月3日の米大統領選で再選を目指すドナルド・トランプ大統領(74)は12日、新型コロナウイルス感染後初となる大規模な支持者集会を南部フロリダ州サンフォードで開催し、選挙活動を本格的に再開させた。投票まで3週間。劣勢が伝えられるトランプ陣営は必死の反転攻勢を仕掛けるが、残された時間は少ない。

 12日午後7時(日本時間13日午前8時)、オーランド郊外の空港屋外に設けられた演説会場に横付けされた大統領専用機から、トランプ氏はマスクを着けずに姿を現した。演説の冒頭で入院中に受けた見舞いや祈りのメッセージに「力をもらった」と謝意を示し、「感染を乗り越えて免疫ができたらしい。強い力を持った気分だ。今すぐ皆にキスしてもいい」と笑顔で語り、回復を強調した。

 トランプ氏は対立候補のジョー・バイデン前副大統領(77)について「あなた方(有権者)の仕事を海外に売り渡した過激派国際主義者に支配されている」と批判。バイデン氏を擁立した民主党を「社会主義」と指摘する、従来の訴えを繰り返した。

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1199文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集