メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー糸谷哲郎八段 第10局の1

戦闘開始の雰囲気が

 本局が紙面に掲載されるころにはすっかり秋めいているかもしれない。ただ3回戦皮切りの一局となった本局が行われたのは、まだ酷暑が続いていた9月2日のことである。対局場は関西将棋会館「御上段の間」。新型コロナウイルス対策として換気をよくするために窓が開け放たれ、夏の外気とともになにわ筋を走る車両のエンジン音や、東海道線の電車音も対局室に入ってくる。

 互いに角道を開け、飛車先を突き合うオープニングで、糸谷が4手目の[後]8四歩を指すと、羽生はさっそく上着を脱ぎ、次いで糸谷もこれにならった。両対局者ともに半袖のワイシャツ姿になりいよいよ戦闘開始という雰囲気が対局室に漂う。

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです