特集

学術会議任命拒否

日本学術会議が推薦した新会員候補6人を菅首相が任命しなかった。極めて異例の事態の背景や問題点を追います。

特集一覧

#排除する政治~学術会議問題を考える

政権は法律の脇道を行き、その幅を広げて主張を押し通す 池内了・名大名誉教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
池内了・名古屋大名誉教授=京都市西京区で2019年10月29日、望月亮一撮影
池内了・名古屋大名誉教授=京都市西京区で2019年10月29日、望月亮一撮影

 日本学術会議は、科学が戦争に利用された反省から1949年に設立された。科学者の軍事研究に長年、反対してきた池内了・名古屋大名誉教授は、任命拒否問題が及ぼす影響について「学術会議が最初のターゲット。あらゆる場面が想定される」と際限ない拡大を懸念する。【木許はるみ/統合デジタル取材センター】

大学、自治体などにも任命拒否が広がる懸念

 ――菅義偉首相が6人を任命除外した狙いは何だと思いますか。

 ◆政権は政治的に気にくわないことを言う人をシャットアウトすることを見せたわけです。そして具体的な理由を明らかにしない。6人が政府に盾突いたからだと人々に思わせて、口を重たくさせる。学術会議のみならず、組織内でそういう人を推薦しなくなる、敬遠する恐れがあります。

 ほかの省庁や地方公共団体でも、政権が任命拒否をしているから、当然やっていいものだと思って、下部組織が決めた人事をトップが気に入らないからといって拒否する可能性があります。

 例えば、大…

この記事は有料記事です。

残り2230文字(全文2648文字)

【学術会議任命拒否】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集