メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党、杉田副長官の国会招致要求 森山自民国対委員長は否定的見解

杉田和博氏

[PR]

 立憲民主党の安住淳国対委員長は14日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談し、菅義偉首相が日本学術会議の新会員候補6人を任命しなかった問題に関して、杉田和博官房副長官を国会招致するよう求めた。杉田氏は新会員の任命にあたり、105人の推薦者名簿から6人を除外する作業に関わったことが明らかになっている。だが、森山氏は事務の副長官の国会招致はほとんど前例がないと指摘し「慎重であるべきだ」と否定的な見解を示した。

 安住氏は会談で、26日に召集する臨時国会での予算委員会の開催を要求。そのうえで「当事者である杉田氏に国会に出てきてもらってお話を聞かせてもらいたい」と求めた。それに対して森山氏は「事務の副長官が国会に出てくるのはあまり前例はない」と突っぱねたが、安住氏は杉田氏が内閣人事局長も兼務していることを挙げ「参考人として国会に呼べる立場にある」と主張した。

 安住氏は会談後、記者団に「民主主義の根幹に関わるような人事に関わっているなら説明する責任がある」と述べた。森山氏は記者団に杉田氏の出席について、加藤勝信官房長官らが国会答弁に立つことも挙げ「事務の副長官が国会に出てくるのはまれだ」と強調し、慎重な姿勢を示した。

 ただ、立憲の蓮舫代表代行も記者会見で6人の除外に関し「杉田氏が人選に関与していたのか。違法行為があったのか。ここに尽きる」と杉田氏の説明責任を強調しており、野党は杉田氏の国会招致を強く求める方針だ。

 政府は菅首相が事務方の判断を踏まえて任命したと説明しており、政府関係者への取材で事務方トップの杉田氏が事前の判断に関与したことが明らかになっている。杉田氏は警察庁出身で、2012年の第2次安倍内閣の発足から官房副長官を務めている。【東久保逸夫、宮原健太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. 83年「形式的任命」政府答弁の維持「答えるのが困難」 内閣府

  5. 外国人苦学生 「進学のため」働き過ぎで失った在留資格 ベトナム人留学生、日本の生活に疲れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです