静岡県、湧水の「全量戻し」譲らず リニア工事巡り、JR東海に対策要求 

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
難波喬司副知事=静岡県庁で2020年10月7日、山田英之撮影
難波喬司副知事=静岡県庁で2020年10月7日、山田英之撮影

 未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、静岡県は工事による環境影響に対する考え方をまとめた文書を公表した。JR東海に対して、掘削でトンネル内に湧き出る水を県内に全て戻すように求める「全量戻し」の要求は継続する。県は「どのくらいの量の湧水(ゆうすい)が発生するのかを明確にすべきだ。対策を考える前提として全量戻しは譲れない」と主張する。【山田英之】

 8月に開かれた国土交通省の第5回有識者会議で、JR東海はトンネル掘削案を提示した。湧水を県外に流出させない対策として3案を検討したが、いずれも「実現は極めて困難」と結論づけた。湧水の県外への流出は避けられず、「県外流出する総量を極力、減らす対策を取る」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文856文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集