メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法の支配巡りEU“東西分断”深刻化 コロナ復興資金遅れや経済復興に影響も

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル

 欧州連合(EU)が基本理念とする「法の支配」を巡り、EU内の“東西分断”が深刻化している。EU執行部や西欧が、東欧のハンガリーやポーランドなどで法の支配が尊重されていないとして批判を強め、これに東欧側が反発しているためだ。対立により、新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた加盟国を支援する7500億ユーロ(約93兆円)規模の復興基金の承認手続きが難航し、2021年1月の運用開始が遅れる恐れも出ている。

 「病んだ民主主義を構築している」。欧州委員会のヨウロバー副委員長(価値・透明性担当)は9月下旬、ドイツ誌シュピーゲルのインタビューで、法の支配の軽視が指摘されるハンガリーのオルバン首相を痛烈に批判した。これに対し、オ…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1232文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです