魅力度ランク、茨城は42位で8年ぶり最下位脱出 県民からは惜しむ声も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大井川和彦知事=山下智恵撮影
大井川和彦知事=山下智恵撮影

 民間シンクタンク「ブランド総合研究所」(東京都)が14日、「都道府県別魅力度ランキング」を発表した。茨城県は過去最高の42位となり、46位だった2012年以来、8年ぶりに最下位を脱出した。県の魅力度アップを目指す大井川和彦知事は結果を歓迎したが、県民からは「最下位という『魅力』がなくなる」と最下位脱出を惜しむ声も上がった。【鳥井真平、長屋美乃里】

 茨城県は都道府県別調査が始まった09年から3年連続最下位を記録。12年は46位に浮上したものの、13年から7年連続で最下位だった。同研究所は茨城の浮上について、農林水産物の認知度が12位(前年は24位)に急浮上したことや、県内がテレビドラマや映画の舞台として取り上げられ、メディア接触度が19位(同36位)に上がったことなどが県の魅力度を上げる要因になったと分析している。

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1214文字)

あわせて読みたい

ニュース特集