メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元受験生4人「女性理由に不当に減点で苦痛」 聖マリ医大に損害賠償求め提訴

東京地裁=米田堅持撮影

 川崎市の聖マリアンナ医科大の入学試験で女性であることを理由に不当に減点され精神的苦痛を受けたとして、元受験生の20代女性4人が14日、聖マリ医大に計約1680万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。原告の一人は「性別にかかわらず、合格のためひたむきに勉強に励んできた。努力と期待を踏みにじる行為で憤りを覚えずにはいられない」とのコメントを出した。

 弁護団によると、一連の医学部不正入試問題で、聖マリ医大への提訴は初めて。これまで東京医科大、昭和大、順天堂大(いずれも東京)に元受験生ら50人余りが同様の訴訟を起こしている。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです