特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

新型コロナで黄信号の福祉避難所 確保苦慮する自治体 「在宅避難」推奨も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東日本大震災の際、宮城県石巻市の社会教育施設の体育館に開設された福祉避難所=2011年4月撮影(石巻市提供)
東日本大震災の際、宮城県石巻市の社会教育施設の体育館に開設された福祉避難所=2011年4月撮影(石巻市提供)

 災害時に高齢者や障害者などの災害弱者を受け入れる「福祉避難所」に黄信号がともっている。東日本大震災時は福祉避難所が足りず、災害関連死も発生した。そうした教訓から自治体は福祉避難所の指定を増やしてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で指定施設側が避難者の受け入れに及び腰になっている。解決策として、ホテルなどの活用を進める自治体も出始めた。【関谷俊介】

「もっと早く移れていたら……。体の弱い人が入れる避難所をもっと」

 東日本大震災から1カ月後、避難生活中に体調を崩した岩手県大槌町の83歳の男性が亡くなった。男性の親族、三浦美智子さん(56)は「安心して避難できる施設があったら良かったのに」と悔やむ。

 震災当日、男性は津波で自宅を流され、発生時にデイサービスで利用していた町内の高齢者施設でそのまま避難生活を送ることになった。施設は福祉避難所に指定されていたが、「要配慮者」や付添人ではない、対象外の人も含めた数百人が避難してきた。

 男性は自力歩行が可能だったため、ベッドのある居室からホールに移ることになり、三浦さんら親族とともに過ごした。だが、みるみるうちに弱り、オムツを着けたままの寝たきりの生活をするようになった。

 三浦さんは町に何度も、男性を他の施設に移せないかと相談した。その結果、男性は3月…

この記事は有料記事です。

残り2264文字(全文2817文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集