連載

#最後の1年

新型コロナに揺れる学生スポーツ界。最高学年の選手は無念や戸惑いを抱きながら「最後の1年」を過ごしています。

連載一覧

#最後の1年

明大スクラム貫く背骨 技磨き逆境で輝くフッカー三好優作

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
立教大戦で密集での攻防に加わる明治大の三好優作(中央)=東京都世田谷区で2020年10月4日午後1時10分、谷口拓未撮影
立教大戦で密集での攻防に加わる明治大の三好優作(中央)=東京都世田谷区で2020年10月4日午後1時10分、谷口拓未撮影

 円陣を組み、仲間の士気を感じ取ると、紫紺のジャージーをまとった15人は無観客のグラウンドに散らばった。新型コロナウイルス感染予防とチーム強化の両立を図ってきた明治大ラグビー部。10月4日、東京都世田谷区の明大八幡山グラウンドに立教大を迎え、関東大学対抗戦の開幕戦に臨んだ。早稲田大に敗れて連覇を逃した1月11日の全国大学選手権決勝以来、実に約9カ月ぶりの公式戦。「紫紺ってかっこいいな。久しぶりに見たから改めてそう感じたのかな」と、田中澄憲監督(44)も胸を躍らせた。

 その田中監督から「セットプレーでエナジー(活力)を与えてくれ」と重戦車FWのけん引役として送り出されたのが、フッカーの三好優作(22)=文学部4年=だった。対抗戦での先発出場は初めてだったが、落ち着いたプレーを展開。新型コロナの感染拡大で全体練習ができなくなった4月以降、個人練習で磨いてきたスローイングでラインアウトを安定させ、最初のトライの起点となった。スクラムもコントロールして優勢を保ち、73―15での快勝に貢献した。

 不遇の時間をも成長の糧としてきた三好は「安定して質の高いプレーができるよう自分と向き合ってきた。厳しい道でこそ、成長できる人生なのだと思う」と胸を張る。前向きな姿勢の源流は、壁にぶつかりながらも地道に成長を遂げてきた歩みにある。

「人生に花が咲いた瞬間」

 愛媛県川之江市(現・四国中央市)に生まれ、小学4年で地元のラグビースクールに通い始めた。ラグビーの楽しさを知り、「それまでは取りえもなかったけど、人生に花が咲いた瞬間だった」と振り返る。

 中学でもラグビー部に入った。だが部員不足で、2学年上の先輩が引退して以降、部員は自分一人になった。2年生の時、新入生向けの部活動紹介で、集団スポーツなのにたった一人で全校生徒の前に立ち、クスクスと笑われた。「女子もいる中で、まさに生き地獄だった」と苦笑いを浮かべる。半面、「笑って…

この記事は有料記事です。

残り1295文字(全文2106文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集