メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「軽く」書かれた重い紛争体験

加藤典洋「オレの東大物語」集英社

 「最近、いい本ない?」とは、気の置けない友人と交わす日常的なあいさつだ。「いい本」とは何だろう。面白い物語、斬新なテーマ、緻密な論証……いろんな場合があるだろうが、共通するのは「誰が読んでも、何かしら自分に引っかかりがある、関わりがあると思わせる」というのがポイントではないだろうか。

 この定義でいくと、加藤典洋著『オレの東大物語 1966~1972』(集英社)はドンピシャリである。「え、大学? それも東大でしょ。関係ないよ」と感じる人も多いかもしれないが、さにあらず。『敗戦後論』を書いた文芸評論家で、2019年5月に死去した著者は、確かに秀才だろうけれど、ずいぶん不器用に生きた人でもある。

 タイトルにあるように大学に6年いたのは学園紛争世代によくあることだが、その後も決まった道を一直線に、とはいかない。つまり、この世代に特有の体験でありつつ、悩み多き青春物語でもある。これなら万人共通だ。

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです