メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

蒔田彩珠 役になりきり感情移入 映画「朝が来る」 別人格で生活も

映画「朝が来る」に出演する女優の蒔田彩珠さん=東京都港区で2020年8月21日、佐々木順一撮影

 特別養子縁組によって男の子を迎え入れた夫婦と、中学生で妊娠し子供を手放した実母を描いた映画「朝が来る」が23日、公開される。実母を演じた蒔田彩珠(まきたあじゅ)は「映画で描かれていることは誰にでも起こり得ること。大人だけでなく私のような10代にも見てほしい」と語った。

 映画は、人気作家の辻村深月の同名小説が原作。カンヌ国際映画祭で受賞歴のある河瀬直美が監督した。演じる片倉ひかりは、交際相手と幸せな日々を送っていたが、14歳での妊娠、出産は保守的な両親との確執を生み、子を手放すことに。心に負った傷は人生を狂わせていく。スクリーンの中の蒔田は顔つきがどんどん変わり、壮絶な歳月を観客に体感させる。

 河瀬監督は、クランクイン前に一定期間、役者たちに実際にロケ地で役になりきって生活をさせる独特の手法をとることで知られる。子役として芸歴もそれなりに積んできたが、24時間“ひかり”という別人格で生活する初めての試みに「当初は、自分というものを否定されている感覚になり怖かった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです