メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緞帳の上がる喜びを胸に 新歌舞伎座で来月コンサート 市川由紀乃

演歌歌手の市川由紀乃=大阪市北区で2020年8月24日、藤井達也撮影

 演歌歌手の市川由紀乃が11月7、8日、新歌舞伎座(大阪市天王寺区)でコンサートを開く。当初は2週間の芝居と歌の特別公演の予定だったが、新型コロナウイルスの影響で縮小した。それでも約9カ月ぶりの本格的な公演に「このような状況の中、新歌舞伎座の舞台に立てるだけで感無量。来ていただける方の不安が吹き飛ぶようなステージにしたい」と意気込む。

 伸びやかな歌声で、次代を担う演歌歌手の一人として活躍している。今年は4月に新曲「なごり歌」(吉田旺作詞、幸耕平作曲)を発売。恋人と別れて月日がたち、ラジオから流れてきた曲で、ともに抱いた夢を思い出す――。これまでの演歌の世界とは変わり、フォーク調の歌謡曲で新境地を示した。

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです