メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川口いじめ 市教委の対応「違法」 地裁 文書開示巡り賠償命令 /埼玉

 川口市立中学校の元男子生徒(18)が、自身へのいじめに関する文書の開示請求手続きの中で市教育委員会の対応によって精神的な損害を受けたとして、市に100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、さいたま地裁(倉沢守春裁判長)は14日、市側に2万円の賠償を命じた。市教委の手続きの一部に不備があり、違法だったと認定した。

 元生徒は2018年1月、市条例に基づき記録の開示を請求したが、市側が多くの文書を不開示としたため19年1月に開示を求めて提訴。市側は同年5月に一転して大半の文書を開示したため、裁判では市教委の対応に違法性があったかが争点として残っていた。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです