メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童数増に対応 新校舎を建設へ リース方式 袖ケ浦・奈良輪小 /千葉

 袖ケ浦市は児童数が増加している同市立奈良輪小で、教室不足が予想されることから、同敷地内にリース方式で校舎を増築することを決めた。市議会の議決も得ており、2022年2月に完成予定。

 市によると、現在の鉄骨造り3階建てなどの校舎に隣接し、鉄骨造り2階建ての校舎が建てられ、普通教室14室を中心に延べ床面積は約3000平方メートル。

 市が公募型プロポーザルを実施した結果、大和リース千葉支店と、2033年度までの12年間のリース料など8億1057万6000円(消費税など込み)で契約した。

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです