メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かながわ経済 客乗せ、自動運転バス走行 時速10キロ、運転席は無人 群馬大と相鉄、実証実験 /神奈川

自動運転中のバスの運転席=横浜市で

 群馬大と相鉄バス(横浜市)は、一部遠隔操作による自動運転で、一般客を乗せた大型バスを営業運行する国内初の実証実験を横浜市で実施した。運転席は無人で、車両制御システムにより、停留所で止まるなどした。

 実験はブレーキやアクセルなどが自動の「レベル2」に相当。バスはよこはま動物園ズーラシア(旭区)周辺の、緩やかなカーブがある約900メートルの区間を、時速10キロ前後で走行した。

 車体には全地球測位システム(GPS)や障害物を認識するセンサーの他、16個のカメラが取り付けられ、営業所にいても運転席と同じ視界を確保。右左折など一部の操作は営業所にいる運転手が行った。車内では運転席付近に保安要員が立ち、非常時に緊急停止ができるように備えた。

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです